• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
抗酸化力が高く、がん予防に優れる
小松菜の松の実入り白和え
15〜20分(干ししいたけを戻す時間は除く)
小松菜とにんじんのカロテン、干ししいたけのβ―グルカン、松の実の多価不飽和脂肪酸、豆腐のイソフラボンと、抗酸化力の高い食材で組み合わされたがん予防に優れた一品です。松の実の多価不飽和脂肪酸含有はごまよりも多く、老化を防ぐビタミンEも豊富です。小松菜や松の実、豆腐の鉄分が貧血を予防し、食欲不振を解消します。
材料(2〜3人分)
小松菜 1/2束
干ししいたけ(大) 1枚
にんじん 30g
松の実 大さじ2
木綿豆腐 1/4丁
A 砂糖
  塩
大さじ1/2
  少々

作り方
小松菜は熱湯でさっとゆで、水に放してからしっかり絞り、3cm長さに切る。
干ししいたけはたっぷりの水で戻し、石づきを落として細切りにする。石づきも細く切る。
にんじんは細切りにし、ヒタヒタの水(しいたけの戻し汁)でさっとゆでる。
すり鉢に松の実を入れ、すりこ木でよくつぶし、する。
い某綉い鬚茲絞った豆腐を入れてすり、Aを加えてなめらかになるまですり合わせる。
イ豊 ↓◆↓を入れて和える。