• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
血行がよくなり疲れが取れ、風邪予防も期待できる
ねぎと麩の炊き合わせ
所要時間:20〜25分(車麩を戻す時間は除く)
麩が含有するビタミンB1と、ねぎのアリシンを組み合わせて、血行をよくして疲れを取り去ります。ねぎはカロテンやビタミンCが豊富なので、麩の良質なたんぱく質と一緒に取ると体力が高まり、風邪の予防が期待できます。ねぎ特有のヌメリは便秘に有効で、麩に含まれるグルテンペプチドとワカメのカリウムは、ともに血圧を下げる働きがあります。
材料(2人分)
ねぎ 2本
車麩 4枚
ワカメ(生) 20g
適量
A だし汁
  しょうゆ
  みりん
2カップ
  大さじ1と1/2
  大さじ1

作り方
車麩はたっぷりの水で戻し、水気をきり、食べやすい大きさに切る。
ねぎは5mm幅の斜め切りにする。
鍋に油を熱し、ねぎを炒める。先に青い部分から炒めるとよい。
にAを入れ、車麩を乗せて弱火で煮る。
煮汁が少なくなってきたら、ワカメを入れ、さっと火を通してできあがり。