• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
体を酸化から守るバランスメニュー
ほうれん草とレーズンの落花生和え
所要時間:15〜20分
ほうれん草のカロテンとビタミンC、クランベリーのファイトケミカル(植物の持つ抗酸化力)、落花生の不飽和脂肪酸が組み合わさり、体を酸化から守るバランスのよい一品です。落花生には良質な脂質とビタミンB1が含まれているので、体調を維持し、疲労感や倦怠感を回復してくれます。落花生の脂質がほうれん草のカロテン吸収率を高めます。
材料(2人分)
ほうれん草 1/2束
クランベリー 大さじ1
落花生(実) 大さじ2
A 砂糖
  みりん
  しょうゆ
大さじ1/3
  大さじ1/2
  大さじ1

作り方
ほうれん草は熱湯でさっとゆで、水に取り水気を絞り、3cm位の長さに切る。
落花生は渋皮を取り、庖丁で粗く刻み、すり鉢に入れてつぶすようにたたき、Aを加えてよくすり合わせる。
△砲曚Δ譴鸛陲肇ランベリーを入れ、和える。

ここに注意!
「ほうれん草はさっとゆでる」
ほうれん草のビタミンCは熱に弱い性質なので、ゆでる時はさっと短時間ですませましょう。長くゆでるほどビタミンCは失われていきます。1分で26%、2分で39%、3分で52%のビタミンCが失われます。