• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
レタス 旬:11〜2月

キク科の一年生、二年生で、原産はヨーロッパと推測され、古くからサラダ用に栽培されていたといわれています。日本ではすでに平安時代に食用され、「ちしゃ」という和名は、切ると白い乳液を出すため「乳草」から「ちさ」に転じ命名されたといわれています。鎮静、催眠効果があり、イギリスの絵本「ピーターラビット」でレタスを食べたウサギが眠ってしまう話は有名です。

成分
約95%が水分。ビタミンC、カルシウムやカリウム、鉄分などのミネラル、葉緑素を含有。野菜にはめずらしくビタミンEが多い。ビタミンEはサニーレタスやリーフレタスの方が多く含まれている。白い液にはラクッコピコリンが含有されている。

効能
ビタミンEはコレステロールを洗い流して血流をよくし、カリウムも豊富なので、高血圧や動脈硬化に効果がある。鉄分や葉緑素の働きが貧血の予防と改善に有効。ビタミンCが風邪や肌荒れを防ぐ。ラクッコピコリンは鎮痛、睡眠効果がある。

効果的な調理ポイント
▽水にさらした時のビタミンC残存率は高いが、長く漬けすぎていると栄養素が流失してしまうので注意する。
▽ビタミンEは熱に強いので、炒めたりスープにする方がたくさん摂取できる。
▽外葉の色の濃い部分は栄養価が高いので、加熱して食べるとよい。
▽手でちぎって断面を粗くすると水分を吸収しやすくなり、おいしくなる。
▽鮮度が落ちやすいので、早めに食べるとよい。

レシピ
レタスときのこの鍋
レタスチャーハン
レタスジュース
カレイのレタス蒸し巻き