• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー

ひとり鍋・ふたり鍋のススメ > 脳をイキイキさせる鍋料理 > ねぎま鍋


          

脳をイキイキさせる鍋料理(魚がメイン)
ねぎま鍋

江戸っ子が好んで食べた鍋として有名です。マグロは不飽和脂肪酸のDHAやEPAが豊富で健脳作用に優れ、記憶力や集中力を高めます。たんぱく質はアミノ酸バランスに優れ、免疫力の強化に役立ちます。油揚げのレシチンをプラスして脳を活性化させます。
材料(2人分)
  マグロ(サク) 150g
  ねぎ 2本
  油揚げ 1枚
だし汁 1カップ
  しょうゆ 大さじ3
  大さじ1と1/2
  みりん 大さじ3
薬味
  薬味 しょうがの千切り、七味とうがらし、
粉さんしょうなど好みのもの
作り方
マグロは2cm角で5cm長さの拍子切りにする。
ねぎは1cm幅の斜め切りにする。
油揚げは縦半分に切り、2cm幅に切る。
鍋(浅めがよい)にAを入れて火にかけ煮立ったら◆↓を入れ煮る。
い煮立ったら,鯑れ、好みの煮加減でできあがり。
●マグロの生臭みが苦手な時は、熱湯にサッと通して「湯引き」にすると、アッサリといただける。
鍋が残ったら…
煮立ててから溶き卵を回しかけ、お吸い物にする。味が濃いようだったら、水を足す。

[戻る]


撮影:上総均 撮影助手:泉田幾子