• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
ぜんまい(薇) 旬:3〜6月

ゼンマイ科の多年草でシダ植物のぜんまいは、日本全土の山すそや沢沿いなどの比較的湿った場所に自生し、わらびとともに春に芽吹く代表的な山菜です。若芽の先がクルクルと円形に丸まった様子が、丸いお金のように見えることから、「銭巻き」が転じてぜんまいと呼ばれるようになったといわれています。中国や朝鮮半島など広くアジア東部にまで分布しています。

成分
水分は約91%含まれ、カリウム、カルシウム、鉄、亜鉛、リン、銅、マンガンなどのミネラル類と、カロテン、ビタミンK、B1、C、葉酸などのビタミン類を含有している。不溶性の食物センイを多く含有。乾燥させると食物センイが倍増する。

効能
豊富な不溶性の食物センイが腸の働きを活発にして便秘を解消し、大腸がんの予防にも有効。カリウムが血圧を安定させ、利尿効果も高く、ミネラル類が体の機能を整える。鉄分とビタミンCが貧血に有効に働く。

効果的な調理ポイント
▽アクが強いので、必ずアク抜きをしてから調理する。アク抜きの方法:熱湯に重曹を入れてゆで、水にさらす。
▽クセがないので多様な調理にむく。油と相性がよく、カロテン吸収も高まる。
▽水煮ぜんまいは、調理前に一度さっと煮るとふっくらしておいしい。
▽干しぜんまいは、一晩水に漬けてからゆでて戻す。

レシピ
ぜんまいの信田巻き
ぜんまいのビビンバ