• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
疲れを取り去り、腸の働きを高める
たけのこと豚ばら肉の炒めもの
所要時間:20〜25分
たけのこに、豚肉とレーズンをプラスした料理は、疲労感や倦怠感を防ぎ、腸の働きを高める一品です。たけのこの食物センイにはコレステロールを吸収する働きがあり、豚肉の脂質をからめ取ってくれるので、肉の脂質の取り過ぎを心配することなく食べられる組み合わせです。レーズンや木の芽には抗酸化力があり、細胞の酸化予防に有効に働きます。
材料(2人分)
たけのこ(ゆでたもの) 350g
豚ばら肉 150g
レーズン 大さじ2
木の芽(好みで) 5〜6枚
A しょうゆ
  酒、みりん
大さじ2
  各大さじ1

作り方
たけのこは食べやすい大きさに切る。穂先は縦5〜6等分に切り、中央部分は1cm幅の輪切り、根元は1cm幅の半月に切るとよい。
豚ばら肉は3cm長さに切る。
レーズンは熱湯に漬けてやわらかくしておく。
フライパンを熱し、豚ばら肉を入れ炒める。カリカリになるまでよく炒める。豚肉から出た脂の半量は取り除く。
い豊,鯑れてよく炒め、Aを加え、汁気がなくなるまで炒める。最後にレーズンを入れ混ぜ合わせる。
器に盛り、好みで木の芽を飾る。