• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
あしたば(明日葉) 旬:3月〜10月

セリ科の多年草で、伊豆七島で多く栽培されています。緑黄色野菜の優れた栄養素を持ち、バランスのよい健康野菜として人気があります。若芽を摘んだ翌日にはもう芽が出てくることから「明日葉」と呼ばれるように、実に生命力の旺盛な野菜です。茎や葉を切ると出てくる黄色い液は、明日葉特有のもの。別名ハチジョウソウとも呼ばれています。

成分
β‐カロテンを多く含有している。ビタミンCや、鉄分、カリウム、カルシウムなどのミネラル類、食物センイも豊富に含まれている。ビタミンB1とB2含有も多く、植物には珍しいビタミンB12を含んでいる。切ると出てくる黄色い液はフラボノイド類で、カルコンという成分が含まれている。

効能
β‐カロテンはがんの発生を押さえる働きが強く、抗酸化作用のあるフラノボイド類の働きと一緒にがん予防に効果を発する。ビタミンB1は体内に乳酸の溜まるのを防ぎ、B2は過酸化脂質を防ぐ。ビタミンB12や鉄分が悪性貧血の予防に働き、カリウムが血圧を正常化し、食物センイが腸の働きを整える。カルコンは胃酸の分泌を抑え抗菌作用が高い。常食すると高血圧、腎臓病、肝臓病、悪性貧血の予防に効果がある。

効果的な調理ポイント
▽アクが強いので必ずゆでてから水にさらし、調理に使う。加熱しすぎや水にさらしすぎるとビタミンCが流失してしまうので、短時間で手早くする。
▽カロテンは油と一緒に取ると吸収率が高まるので、ごま和えや天ぷらにするとよい。
▽油で揚げたり、煮たりすると苦みが和らぐ。

レシピ
あしたばと里芋の味噌汁
あしたばと春キャベツのパスタ
あしたばとアサリの包みオムレツ
あしたばとバナナのジュース