• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
抗酸化力が高く、がん予防に働く
にらの納豆和えどんぶり
所要時間:15〜20分
にらはさっと加熱すると甘みが出て、さらにカロテン量も増加し、粘膜を強化します。卵やイカのビタミンEがにらのセレンの働きを高め、カロテンと一緒にがん予防に有効に働きます。イカに含まれるタウリンにも抗酸化作用があります。納豆に含まれる特有の酵素ナットウキナーゼは、ネバリ部分に含まれるので、しっかり混ぜる方が効果的です。
材料(2人分)
にら 70g
納豆 1パック
イカ(むき身) 50g
うずらの卵 2個
ごはん (軽く)どんぶり2杯分
香の物 たくあんのしそ巻き

作り方
にらは熱湯でさっとゆで、2cm長さに切り、しょうゆ少々(分量外)を足らして混ぜ、絞る。
イカは片面に5mm間隔に包丁で切れ目を入れ、小口から5mm幅の細切りにする。さっと熱湯に通し、水気をきる。
ボウルに納豆を入れ、よく混ぜてネバリを出し、 ↓△魏辰┐萄ぜ合わせる。
どんぶりにごはんを盛り、の半量を乗せ、真ん中を少しくぼませてうずらの卵を乗せる。香の物を添える。