• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
動物性と植物性のたんぱく質が、栄養価を高める
スナップえんどうとカツオの和えもの
所要時間:20〜25分
スナップえんどうの植物性たんぱく質と、カツオの動物性たんぱく質の両方を取ることができる、栄養価に優れた一品です。カツオには、良質な脂質やコレステロール値を下げるタウリンも豊富に含まれています。この時期のキャベツには潰瘍を治す働きのあるビタミンU(キャべジン)や、止血効果のあるビタミンKが豊富に含まれ、ともに生食すると無駄なく取ることができます。
材料(2人分)
スナップえんどう 80g
カツオ(刺身用) 100g
キャベツ(大) 1枚
A マヨネーズ
  白ごま
  しょうゆ
大さじ1と1/2
  大さじ1
  小さじ1

作り方
スナップえんどうは、筋を取り、熱湯でさっとゆでて冷水にくぐらせ、水気をきり、斜め半分に切る。
カツオは薄切りにする。
キャベツは食べやすい大きさに切り、塩少々(分量外)を振ってしんなりさせ、軽く水気を絞る。
 ↓◆↓、Aを混ぜ合わせる。