• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
きくらげをプラスして、血液浄化作用をアップする
さやえんどうの卵そぼろ煮
所要時間:20〜25分(きくらげを戻す時間は除く)
さやえんどうのビタミンB2には体内の過酸化脂質をできにくくして、動脈硬化などを予防する働きがあり、同様にビタミンB2を豊富に含むきくらげと一緒に取ることで血液をサラサラにする効果が高まります。また、食物センイも豊富なので腸の働きを整え便秘予防も期待できます。卵で良質なたんぱく質と脂質を補うバランスのよい一品です。
材料(2人分)
さやえんどう 100g
1個
きくらげ(乾燥) 2g
A だし汁
  砂糖、酒
  しょうゆ
大さじ2
  各大さじ1/2
  小さじ1弱

作り方
さやえんどうは筋を取り、熱湯でさっとゆで、手早く冷水にとって水気をきる。斜めの半分に切る
きくらげはぬるま湯か水でしっかり戻し、石づきを切り落とし食べやすい大きさに切る。
卵はよく溶いておく。
鍋にAを入れて煮立て、 ↓△鯑れて2〜3分煮る。
い僕餘佞魏鵑憩れ、箸数本で大きく混ぜる。
卵がかたまってきたら火を止め、器に盛る。