• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー

基本 おにぎりの握り方・のりの巻き方

おにぎりの形は、大きく分けて「三角形」「俵形」「丸形」の3種類に分けられます。形は自分の好きな形で握ってOK。一般に関東は三角形あるいは丸形、関西は俵形が多いといわれていますが、特にルールはありません。
初めにちょっと力を入れてキュッと握った後は、力を入れすぎずに握りましょう。こうすることで外はシッカリ、中は米がつぶれずフンワリ仕上がります。


おにぎりの握り方

<三角形のおにぎり>
1)炊き立ての熱々ごはんを器によそう。
2)手に水をつけて塩を振り、手を合わせて塩を手になじませる。





3)左手に器のごはんを取る。





 

4)右手をかぶせてごはんを包み込み、キュッと力を入れて丸く握る。



5)左手の手の平を「こ」の形にし、右手を「へ」の形にして握る。ごはんを数回、回転させ三角に握る。この時、ごはんの粒をつぶさないよう、力を入れすぎずに握る。

 
<俵形のおにぎり>
1)炊き立ての熱々ごはんを器によそう。
2)手に水をつけて塩を振り、手を合わせて塩を手になじませる。





3)左手に器のごはんを取る。





 

4)右手をかぶせてごはんを包み込み、キュッと力を入れて丸く握る。



5)左手を三角形のおにぎりを作る時よりも丸みを持たせた「こ」の形にし、右手の指で押さえながら、俵形に形を整え握る。ごはんの粒をつぶさないよう、力を入れすぎずに握る。

 
<丸形のおにぎり>
1)炊き立ての熱々ごはんを器によそう。
2)手に水をつけて塩を振り、手を合わせて塩を手になじませる。





3)左手に器のごはんを取る。





 

4)右手をかぶせてごはんを包み込み、キュッと力を入れて丸く握る。



5)そのまま左手の手の平と、右手の手の平を合わせて軽く押さえ、おにぎりの外側の形を丸く整えていく。ごはんの粒をつぶさないよう、力を入れすぎずに握る。

 
<具を真ん中に入れるおにぎり>
1)炊き立ての熱々ごはんを器によそう。
2)手に水をつけて塩を振り、手を合わせて塩を手になじませる。





3)左手に器のごはんを取る。





 

4)右手をかぶせてごはんを包み込み、キュッと力を入れて丸く握る。





5)中央を指で押し、くぼみをつける。





6)くぼみに具を乗せる。

7)具を包み込むように握る。
 
 
 
 


のりの巻き方

カロテンとビタミンCが特に豊富なのりは、一日一枚食べればシミやソバカスを防ぐといわれています。平安時代の貴族たちは「神仙菜(しんせんさい)」と呼び、不老長寿の食べ物として食していました。
おにぎりをのりで巻くと栄養価はさらに高まり、また食べる時にごはん粒が手につかない利点もあります。
のりの巻き方にルールはありません。全体にのりを貼りつけたり、外側だけに貼りつけたり、細かく切って絵を描くように貼りつけてもOK。栄養素をひとつプラスする気持ちでのりを使ってください。