• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
セロトニン生成が高まり精神が安定する
マグロとにんにくチップスの海苔巻き
所要時間:20分
良質な赤身のマグロと海苔には必須アミノ酸のトリプトファンが豊富に含まれています。トリプトファンの吸収を高めるビタミンB6を多く含むにんにく、ビタミンB12を含む卵で作る海苔巻きは、セロトニンの生成を高めて精神を安定させ、脳の活性化にも働きます。
材料(2人分)
マグロ 100g
にんにく 2片
1個
パセリのみじん切り 適量
酢めし 茶碗2杯分
海苔(全型) 2枚

作り方
マグロは棒切りにする。
にんにくは薄いスライスに切り、弱火の油でカリッと揚げる。
鍋に油少々を熱し、よく溶いた卵液を一気に流し入れ、菜箸数本で手早く混ぜ、炒り卵を作る。
酢めしににんにく、炒り卵、パセリのみじん切りを加え、混ぜ合わせる。
巻きすに海苔を乗せ、い鮃げる。手前1cm、向こうは3cmくらいあけ、巻き止りにごはん粒を間隔をあけて数粒置く。
酢めしの手前3分の1の所にマグロを置き、手前から巻く。
食べやすい大きさに切り、器に盛り、わさび醤油を添える。