• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
日照時間の減少する冬場におススメ
凍り豆腐と水菜のごま白和え
所要時間:15分(凍り豆腐を戻す時間は除く)
トリプトファンが豊富な凍り豆腐、ごま、木綿豆腐で作る白和えは、日照時間の減少する冬場にぜひ食べて欲しい料理です。ごまにはトリプトファンの吸収を高めるビタミンB6も豊富に含まれており、精神安定や安眠効果が高まります。良質なたんぱく質と脂質が生活習慣病の予防にも有効です。
材料(4人分)
凍り豆腐 2個
水菜 2株
銀杏(ゆでたもの) 6粒
ごま 大さじ2
木綿豆腐 60g
A だし汁
  みりん
  しょうゆ
1/2カップ
大さじ1
大さじ1
B 砂糖
  酢
  酒
  しょうゆ
  だし汁
大さじ1
大さじ1
大さじ1/2
大さじ1
大さじ1

作り方
凍り豆腐はぬるま湯で戻し、水洗いしてから水気を絞り、5mm厚さの細切りにする。
鍋にAと凍り豆腐を入れ、煮汁がなくなるまで弱火で煮る。
水菜はさっと茹で、水気を絞り、2〜3cm長さに切る。
豆腐は布巾に包み、絞る。
ごまを弱火で煎り、すり鉢に入れ、油が出るまでよくする。
イ貌ι紊Bを入れ、よくすり合わせる。
Δ謀爐蠧ι紂⊃綺據銀杏を入れ、和える。