• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー


花粉症を軽減する青魚・ヨーグルト・ハーブの効能


青魚

青魚に含まれる脂質は、α―リノレン酸のイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)で、免疫の働きを正常にしてアレルギー症状を抑える働きを持っています。アレルギー症状を引き起こすロイコトリエンという物質があります。ロイコトリエンは細胞膜の脂肪酸が変化して発生する物質で、EPAやDHAを多く取ることで発生を抑えることができると考えられています。EPAやDHAがロイコトリエンの原料となる脂肪酸(アラキドン酸など)に置き換わり、ロイコトリエンができにくくなるからです。EPAやDHAを有効に取り入れるには刺身や寿司で食べるのが有効で、その時には一緒にわさびを取りましょう。わさびの一時的に鼻詰まりを改善するが働きにより、花粉症緩和がより期待できるからです。
EPAは〃豈嫦罎涼羸脂肪や悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増やす 血管の弾力性を維持し、血栓をできにくくするなどの働きにより、動脈硬化・心筋梗塞・脳血栓などの予防に有効に働きます。DHAは^玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす 脳の活性化し、神経組織の発育を促進するなどの働きにより、脳の老化防止に効果を発揮します。
ヨーグルト

花粉症は腸内環境と深くかかわっています。腸内環境を整えるヨーグルトの乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やして便通を改善し、腸の免疫細胞(Th1、Th2)に働きかけて免疫バランスを整える働きを持っています。Th1は細菌やウイルスを攻撃する働きを持ち、Th2は人間の粘膜に異物の侵入を防ぐ細胞のひとつで、これらの細胞の働きにより免疫バランスが改善され、花粉症になりにくい体質を作ることができるといわれています。
腸内環境を整える乳酸菌ですが、特に2種類の乳酸菌(L−92株、KW乳酸菌)は臨床実験でその効能が確認されています。L―92株(正式名称は「ラクトバチルス・アシドフィルスー92株」)はカルピス社が2006年に、KW乳酸菌はキリンビール社が2002年に発見した乳酸菌で、L−92株は臨床実験により「眼と鼻のかゆみが軽減された」と報告されています。
乳酸菌は酵素なので加熱に弱く、最も活動が活発になるのは温度が35〜40℃といわれています。加熱する時は適温にすると乳酸菌の効能を有効に取り入れることができます。加熱し過ぎると乳酸菌は死滅しますが、乳酸や乳糖は失われずに生き続け、腸内を酸性にして悪玉菌を減らし善玉菌を増やしてくれます。
ハーブ

ハーブが花粉症に有効と考えられる所以は、抗酸化力の高いポリフェノールを豊富に含んでいるからです。ポリフェノールとはほとんどの植物に含まれている光合成によってできた色素や苦みなどの成分で、強い抗酸化作用を持っています。ポリフェノールは神経を刺激するヒスタミンなどの発生を抑える働きと同時に、活性酸素を抑制する働きを持っているため、炎症を緩和すると考えられています。アレルギー反応により炎症が起こると、そこに大量の活性酸素が発生します。その活性酸素の大量発生により症状がさらにひどくなりますが、その時にポリフェノールの強い抗酸化作用が活性酸素除去に働き、症状を緩和してくれます。ハーブの中でも特にペパーミントが有効といわれています。ペパーミントに限らずハーブは全体に抗アレルギー作用があるので、日常的に取ることで花粉症を軽減するのに有効です。
ハーブは種類にもよりますが、一般に神経疲労、神経の高ぶりを抑える、リラックス効果、抗炎症、殺菌作用など多くの効能を持っています。ハーブは医薬品ではありませんが、医療的効能が実証されている植物であり、その効果が期待できるには時間がかかりますが、逆に副作用の少ないという利点を持っています。