3一時的に冬型

北海道根室沖と東北日本海側に低気圧があり、大陸から高気圧が張り出しています。本州付近は西高東低の冬型気圧配置となり上空に寒気が流れ込むため、山陰から北の日本海側では断続的に雨が降り、雷を伴って雨脚の強まるところがあるでしょう。関東甲信もにわか雨や雷雨がある見込みです。東海から西の太平洋側は晴れ間が広がりますが、北風がやや強いでしょう。朝晩を中心に空気がヒンヤリと感じられますので、風邪など引かないように気をつけましょう。[2020-09-27 01:40:33 更新]